You are here


デジタル機器と目の疲れ

コンピューター、ラップトップ、タブレット、スマートフォン、ゲームなどは目にとって大きな負担になります。

デジタル画面を見る時には、私たちの目は絶えず近方、遠方に焦点を合わせ、また視線が寄ったり、離れたりすることを繰り返すからです。また明るい画面を見つめることで目はブルー・バイオレットライトに露出され、網膜にダメージを与えたり、睡眠障害をおこすこともあります。またスマートフォンなど手で持つタイプの機器には特に注意が必要です。

  • 文字が小さくなっており、目の負担が増加しています。
  • 太陽光の下では見えにくくなっています。

コンピュータービジョンシンドローム(CVS)ー デジタル機器を多用することでおこる一連の慢性的な症状があります。

 

  • 眼精疲労
  • 疲れ目
  • 焦点が合わない
  • 視界がぼやける
  • 二重に見える
  • 頭痛
  • 疲労感
  • 首や肩のこり

ブルーライトカット
コーティング